読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジニアなら観るべきと言わざるを得ない『ひるね姫』(ネタバレあり)

十分に発達した科学技術は、魔法と見分けがつかない。– Sir Arthur Charles Clarke 神山健治監督作品『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』を観てきました。 普段映画の感想は Yahoo! 映画 のレビューにこっそり書くのですが、一部前評判のとおりエンジニア…

ケーススタディからはじめよ - 秀和システム『フリーライブラリで学ぶ 機械学習入門』レビュー

このたび縁あって『堅田洋資, 菊田遥平, 谷田和章, 森本哲也 (2017). フリーライブラリで学ぶ 機械学習入門』(以下、本書。著者名は書籍中掲載順)を恵贈賜りました。 著者並びに出版社の皆様にお礼と慰労をかねまして、僭越ながら本エントリにて一読後のレ…

器用貧乏系エンジニアの憂鬱

このところ Inposter Syndrome *1 やエンジニアキャリア形成についてオンライン/オフラインで重ねて見聞きする機会があり、改めて言語化 (+可視化) しておきたいなと思ったのが筆を執った動機です。 タイトルは語感を拝借しただけで特に僕が憂鬱になっている…

いまこそ Python に "再"入門!! - 技術評論社『科学技術計算のための Python 入門』

積ん読消化週間ということで『中久喜 健司 (2016). 科学技術計算のための Python 入門 - 開発基礎、必須ライブラリ、高速化, 技術評論社』(以下、本書) を拝読しましたのでレビューを掲載します。 科学技術計算のためのPython入門 ――開発基礎、必須ライブラ…

悩める Web スクレイパーのための一冊 - 技術評論社『Python クローリング & スクレイピング』

このたび、縁あって『加藤耕太 (2016). Python クローリング & スクレイピング データ収集・解析のための実践開発ガイド, 技術評論社』(以下、本書) を恵贈賜りました。 著者並びに出版社の皆様にお礼とご慰労をかねまして、僭越ながら本エントリにて一読後…

Go 言語 Webフレームワークはこれを使おう 2016年12月版

この記事は Qiita Advent Calendar 2016 Go (その2) 10日目の記事です。 Go言語の Web アプリケーションフレームワーク (以下、Web フレームワーク) は、群雄割拠の時代を経てわずかばかりまとまってきた印象があります。今回、Go言語の Web フレームワーク …

Redash の次にくるのは superset!! - Airbnb 謹製の BI ツールが OSS で

Redash (re:dash) 流行ってますね。 redash.io 最近 Github をにわかに賑わせている OSS が superset です。 github.com superset とは 公式説明によると data exploration platform とのことですが、僕の感覚的にはこれはつまり、いわゆる Business Intelli…

Swagger 定義ファイルから そこそこいい感じの静的 REST API ドキュメント作成する

REST API のドキュメンテーションはサービス開発における課題として認知されており、解決に向け近年さまざまな試みが行われています。OPEN API および Swagger はその有力な動きの1つです。 長いものには巻かれろ (?) ということで、今回は Swagger 定義ファ…